このエントリーをはてなブックマークに追加

基本構成

Spring bootはSpringのプロダクトを簡易に利用できるフレームワークとなります。
WEBの場合内部的に組み込みtomcatを利用しており別途tomcatを用意しなくても簡易にwebアプリケーションを起動することができます。
@SpringBootApplication
public class ExsampleApplication {

   public static void main(String[] args) {
      SpringApplication.run(ExsampleApplication.class, args);
   }
}

「@SpringBootApplication」

環境構築にて作成したアプリケーションの中身の「ExsampleApplication.java」を確認するとクラスアノテーションとして「SpringBootApplication」が利用されています。
SpringBootApplicationは複数のspringのアノテーションの設定をまとめたアノテーションとなります。

内包されているアノテーション

  • @EnableAutoConfiguration

    Springブートの自動設定メカニズムを有効にする

  • @ComponentScan

    @Componentアプリケーションが配置されているパッケージのスキャンを有効にします

  • @Configuration

    追加のBeanをコンテキストに登録したり、追加の設定クラスをインポートしたりすることができます

公式サイト: