このエントリーをはてなブックマークに追加

環境構築 及び起動確認

Spring-bootは「Quick start」として「Spring Initializr.」が用意されています。
以下のサイトよりダウンロードすることができます。
今回はWebアプリの作成を想定した構成にて作成します。

環境構築

  1. 作成サイトへアクセスする

    作成サイト:https://start.spring.io/

    mavenやGradleを利用することで容易に環境構築を行うことができます。
    今回はmavenを利用する設定でプロジェクトを作成します。
    ../../_images/spring-Initializr.png
  2. 必要な情報を設定しダウンロードする

    作成時の設定例

    • grooup

      パッケージを設定する

    • Artifact

      プロジェクト名を設定する

    • Dependencies

      作成するプロジェクトで利用する依存関係を設定します。mavenのpomやgradleのbuild.gradleに記載される依存性なのであとから対象のファイルに追記することで追加・変更は可能です。
      今回は「web」「Thymeleaf」を追加して作成します。

    設定後

    ../../_images/spring-Initializr2.png
  3. ダウンロードしたファイルを解凍し、mavenの既存Mavenプロジェクトを利用してeclipseへインポートします。

    ../../_images/eclipse-import.png
  4. 正常にインポートが完了すれば作業は完了です。

    作成された初期状態のファイル構成

    ../../_images/project-dir.png

起動確認

spring-bootはmainクラスから起動することができます。
今回の場合だと自動生成された「ExsampleApplication.java」を実行します。
package jp.dip.snowsaber.exsample;

import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.SpringBootApplication;

@SpringBootApplication
public class ExsampleApplication {

   public static void main(String[] args) {
      SpringApplication.run(ExsampleApplication.class, args);
   }
}

実行時のログ確認

  .   ____          _            __ _ _
 /\\ / ___'_ __ _ _(_)_ __  __ _ \ \ \ \
( ( )\___ | '_ | '_| | '_ \/ _` | \ \ \ \
 \\/  ___)| |_)| | | | | || (_| |  ) ) ) )
  '  |____| .__|_| |_|_| |_\__, | / / / /
 =========|_|==============|___/=/_/_/_/
 :: Spring Boot ::        (v2.0.4.RELEASE)

〜〜〜 略 〜〜〜

INFO 6209 --- [           main] j.d.s.exsample.ExsampleApplication       : Started ExsampleApplication in 18.146 seconds (JVM running for 18.831)

以上で基本的な環境構築および起動確認までは完了です。