このエントリーをはてなブックマークに追加

vscode 拡張機能 REST Client

API等の疎通確認をするために便利な拡張機能

インストール

  1. 拡張機能にて「REST Client」を検索します。

    ../../_images/restclient01.png
  2. 検索された「REST Client」を選択し、「インストール」を実行します。

    ../../_images/restclient02.png

以上でインストールは完了です。

proxy除外設定の追加

  1. 「ctrl」と「,」を同時に環境設定を開きます。

  2. 「拡張機能」→ 「Rest Client」→ 「Exclude Hosts For Proxy」の「settings.json」で編集をクリックします。

    ../../_images/restclient04.png
  3. 以下の内容を追記します。

    "rest-client.excludeHostsForProxy": ["localhost"]
    
  4. 以上で完了です。

使い方

  1. 拡張子が「.rest」または「.http」のファイルを作成します。

    ここではサンプルとして「rest-exsample.rest」を作成します。

  2. 以下の内容を記載します。

    記載内容

    GET https://httpbin.org/get HTTP/1.1
    

    接続先の「httpbin」はシンプルなHTTPリクエストとレスポンスを返してくれるサービスとなります。

    内容を記載すると上記司祭内容の上に「Send Request」と表示されます。

    ../../_images/restclient03.png
  3. 「Send Request」をクリックすることでリクエストが実行されます。

  4. 実行結果についてはプレビューとして別タブに表示されます。