このエントリーをはてなブックマークに追加

環境構築

virtualBox上のCentOS環境へzabbixをインストールしてみます。
インストールする構成は以下のようになります。
ソフト名 バージョン
centos 7
postgresql 9.2
zabbix 3.0

(1) centosのインストール

    1. 通常インストールを実施する

    構成としては試験ようなので最小構成にてインストールする

    1. yum update にて一括でアップデート処理を実施
    yum update
    
    1. SELinxの無効化
    [root@localhost ~]# setenforce 0
    

    次回起動時の以降も無効にする

    vi /etc/sysconfig/selinux
    

    以下の部分を修正する

    #SELINUX=enforcing
    SELINUX=disabled
    
    1. firewallの無効化
    [root@localhost ~]# systemctl stop firewalld
    [root@localhost ~]# systemctl disable firewalld
    Removed symlink /etc/systemd/system/dbus-org.fedoraproject.FirewallD1.service.
    Removed symlink /etc/systemd/system/basic.target.wants/firewalld.service.
    
    1. 再起動する。

(2) postgresqlのインストール

続いてpostgresqlをインストールします。
今回はcentos7のbaseリポジトリに設定されている9.2を利用します。
(現時点ではかなりバージョンが古くなっている為 最新のバージョンを利用した方がいいかも)
    1. インストール
    [root@localhost ~]# yum -y install postgresql-server
    
    1. DBの初期化処理
    [root@localhost ~]# postgresql-setup initdb
    
    1. 設定ファイルの修正

    今回は試験用なのでフル解放で設定します。

    • 「postgresql.conf」の設定
    vi /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf
    

    以下の内容を設定

    listen_addresses = '*'
    port = 5432
    

    次に 「pg_hba.conf」の設定

    vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
    

    以下の内容を設定

    # "local" is for Unix domain socket connections only
    local   all             all                                     trust
    # IPv4 local connections:
    host    all             all             0.0.0.0/0            trust
    # IPv6 local connections:
    host    all             all             ::1/128                 trust
    
    ※ IPv6にて接続する場合はIPv6部分についてもtrustとしておく必要があります。
    1. 設定後に再起動を実施する
    systemctl enable postgresql
    
    1. 自動起動の設定を追加
    [root@localhost ~]# systemctl enable postgresql
    

参考URL : https://qiita.com/LowSE01/items/84af05449f96dedd0edc

(3) zabbixのインストール

    1. zabbix 3.0のインストール用のリポジトリを登録する
    yum install http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm
    
    1. zabbixのpostgresql関連のパッケージ等をインストールする
    yum install zabbix-agent zabbix-server-pgsql zabbix-web-pgsql zabbix-web-japanese
    
    1. postgresqlのユーザにパスワードを設定する
    psql -c "alter user postgres with password 'postgres'"
    
    1. zabbixユーザを作成する
    -bash-4.2$ createuser zabbix -P -S -R -D
    

    パスワードは「zabbix」を設定

    1. zabbix用のpostgresのdbを作成する
    createdb -O zabbix -E UTF8 zabbix
    
    1. 初期データベースの作成
    -bash-4.2$ zcat /usr/share/doc/zabbix-server-pgsql-3.0.13/create.sql.gz | psql -U zabbix zabbix -W
    
    1. Zabbixの設定ファイルの更新
    vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
    

    以下の内容にて修正(それぞれ場所が離れているので注意)

    DBPassword=zabbix
    DBPort=5432
    
    1. ZabbixのWebインターフェース用設定修正
    vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
    

    以下の内容にて修正

    php_value date.timezone Asia/Tokyo
    
    1. 各種デーモン起動
    systemctl start zabbix-server
    systemctl start zabbix-agent
    systemctl start httpd
    systemctl enable zabbix-server
    systemctl enable zabbix-agent
    systemctl enable httpd
    
    1. web環境へアクセス

    http://192.168.56.101/zabbix/setup.php

    • [next step]を押下する

      ../../_images/zabbix_setup_01.png
    • [next step]を押下する

      ../../_images/zabbix_setup_02.png
    • dbの接続情報を設定します。

      hostにlocalhostを設定したらconnectエラーが出たのでIPを直打ちしました。
      ※ あとで出てきますがpostgresql側の設定でipv6の設定をしていなかったのでそれが原因かもしれません。
      ../../_images/zabbix_setup_03.png ../../_images/zabbix_setup_04.png
    • 次にzabbix serverの設定を実施します。

      ここではhostにipを直接設定しています。
      portはそのまま設定しています。
      ../../_images/zabbix_setup_05.png
    • 内容を確認し [next step]を押下します。

      ../../_images/zabbix_setup_06.png
    • [finish]を押下します。

      ../../_images/zabbix_setup_07.png
    • アカウント情報を入力し[Sign in]を押下します。

      Username: Admin
      Password: zabbix
      ../../_images/zabbix_setup_08.png
    • サーバの状況を確認します。

      確認するとserverが正しく起動していません。

      ../../_images/zabbix_setup_09.png

      起動に失敗している原因を確認します。

    • 起動に失敗している時に確認するログ

      Zabbixサーバのログ: /var/log/zabbix/zabbix_server.log

      1585:20171110:001853.290 database is down: reconnecting in 10 seconds
      1585:20171110:001903.293 [Z3001] connection to database 'zabbix' failed:
       [0] FATAL:  ユーザ"zabbix"のIdent認証に失敗しました
      
      ログを確認したところpostgresqlへの接続が失敗しているようです。
      IPv6についてはident認証となっていたので変更し再度zabbixサーバを再起動します。
      vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
      

      以下の内容にて編集する

      host    all             all             ::1/128                 trust
      
    • postgresqlとzabbix-serverを再起動し再度確認する

      ../../_images/zabbix_setup_10.png
    • 起動していることが確認できました。

    1. 以上でzabbixのインストールまで完了です。
  • 参考URLにさせていただいたページのURL

(4) zabbixの日本語化

zabbixは容易に日本語化が実施できるので実施しておきます。

    1. 右上上部にある人型のアイコンを押下します。
    ../../_images/jp01.png
    1. Languageを「Japanese(ja_JP)」に変更します。
    ../../_images/jp02.png
    1. Updateを押下します。
    ../../_images/jp03.png
    1. 表示項目が日本後にて表示されるようになります。
    ../../_images/jp04.png